三菱UFJビジネスセミナー

必見!年末調整の仕組みと流れを再確認!【名古屋開催608】1日でわかる!年末調整の実務①

  • ★本セミナーは来場形式とオンラインLIVEの同時開催です。

     オンラインLIVEセミナーはこちら

セミナー概要・ねらい

― 実際の書類を使って、年末調整の基本から申告までわかりやすく解説します ―
 年1回の年末調整業務は、税制改正に合わせた適切な処理をしなければなりません。今年は、昨年の改正内容を踏まえた年末調整の全体像と確認ポイントを復習し、電子化推進への対応についても解説します。
 本セミナーは、今年の年末調整を正しく円滑に進めるためのポイントや留意点についてわかりやすく解説します。年末調整を初めて担当される方、実務の基本を再確認したい方にも最適なセミナーです。

【本セミナー受講のゴール】
・年末調整業務の全体像(構造・業務フロー)を理解する
・業務フローごとの実務ポイントをおさえる
・周辺業務の実務ポイントをおさえる

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

【ログイン確認】

ID・パスワードご登録済の方は、
「ログインへ」にお進みください。
ご不明な方は「申込画面へ」にお進みください。
※SQUET会員IDとは別のご登録となります。詳しくはこちら

★受講者の声★

  • ・改正点について、わかりやすく順をおって説明があり、わかりやすかった
    ・冒頭に流れを図で表してくださったので、今どの部分の説明なのか理解しやすかった
    ・なじみの無い用語や表現、仕組みなどを平易な言葉で細かく説明してくださったので、大変分かりやすかった
    ・年調全体の流れとフローチャート。各業務のつながりがわかりやすかった
    ・今年度から変更になった箇所についての説明が大変分かりやすかった
    ・図や資料が多かったがわかりやすかった。講師の方の進め方も丁寧だったので良かった
ジャンル 総務・労務・人事・賃金
対象者 総務・人事・経理ご担当の皆さま
開催日時 2021年10月18日(月)10:00~17:00  
講師 小宮 弘子
会場 名古屋セミナールーム(マザックアートプラザ10F)
 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員 26,400円 
SQUET一般会員 29,700円 
会員以外 35,200円
※テキスト代、消費税等を含みます。昼食のご用意はございません。
※複数名割引サービスにつきましては、2018年度をもちまして終了いたしました。

◆◆受講お取消しについて◆◆ 
 開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
 その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
 なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
 ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
 やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。
●受講申込み後、「受講証」はマイページより出力ください。「請求書」はご郵送いたします。
 届かない場合は TEL 052-307-1105 までお問い合わせください。

※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

講師プロフィール

社会保険労務士法人トムズコンサルタント 代表社員
特定社会保険労務士 小宮弘子
大手都市銀行本部および100%子会社で、人事総務部門を経験の後、平成15年にトムズ・コンサルタント株式会社に入社。人事・労務問題のトラブル解決、諸規程、賃金・評価制度の改定をはじめ、社内制度全般のコンサルティングを中心に行う一方、クライアント先のメンタルヘルス・ハラスメント等の相談実績も多数。また、社会保険や給与計算業務等のビジネスセミナーにも多数登壇。
【著書】
『法律家のための年金・社会保険』『この1冊でポイントがわかる「働き方改革」の教科書』(共著)他。

カリキュラム

1.年末調整のための予備知識
(1)所得税とは
(2)給与所得とは
  1)給与収入と給与所得
  2)給与所得となるもの・ならないもの
(3)給与計算と所得税
  1)給与から天引きされる源泉所得税
  2)扶養控除申告書と税額表の利用
  3)賞与時の所得税の計算方法
(4)年末調整と確定申告

2.近年改正点

(1)今年の改正点
  1)電子化の推進
(2)昨年の改正点
(3)近年の改正点

3.年末調整の実務と留意点

(1)年末調整の実務フロー
(2)年末調整の対象となる人、ならない人
(3)年末調整の事前準備
  1)使用する書類の種類と内容
  2)中途入社者の確認
(4)年間給与等の総合計
(5)給与所得控除
(6)扶養控除の取扱い
  1)基礎控除
  2)配偶者控除
  3)配偶者特別控除
  4)扶養控除
  5)所得金額調整控除
  6)寡婦控除
  7)ひとり親控除
    8)障害者控除
      9)勤労学生控除
(7)保険料控除
  1)生命保険料控除
  2)地震保険料控除
  3)社会保険料控除
  4)小規模企業共済等掛金控除
(8)住宅借入金等特別控除
  1)確認する書類と注意点
(9)年末調整では控除できない控除項目
   <演習1> 各種控除額の計算と申告書の記載
   <演習2> 
寡婦・ひとり親の範囲
(10)年税額の計算
  1)過不足額の精算方法
  2)超過額または不足額の処理
(11)年末調整の演習  

4.年末調整後の仕事
(1)源泉徴収票の作成
(2)給与支払い報告書の作成と提出 
(3)法定調書の作成と提出

5.その他
(1)特別な場合の年末調整
(2)来年度以降の改正

※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

◎電卓、筆記具をご持参ください。
※撮影、録音はご遠慮願います。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

ページトップへ戻る