三菱UFJビジネスセミナー

重要課題を解決 ! 会社を守り・攻める、総務部門長は戦略参謀たれ !【大阪開催609】総務部門の役割と実務

  • ~環境変化に対応、働きやすい会社をつくる 総務部門長必須の知識と果たすべき役割~

セミナー概要・ねらい

 環境変化の激しい昨今、総務部門には各部門のサポート役としての立場から一歩進んで、社内外の問題課題を解決し、対応策をまとめ、働きやすい職場環境をつくっていく司令塔としての役割が期待されています。

 このセミナーでは、変革の時代、総務部門の皆さまが果たすべき3つの役割(主要業務)と、中長期的課題、職務遂行していく上で知っておきたい経営・労務に関する基礎知識を、最新の法改正内容と現場で起こっている事例をまじえながら、実践的に解説・指導します。

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

【ログイン確認】

ID・パスワードご登録済の方は、
「ログインへ」にお進みください。
ご不明な方は「申込画面へ」にお進みください。
※SQUET会員IDとは別のご登録となります。詳しくはこちら

ジャンル 総務・労務・人事・賃金
対象者 総務部門の管理者及びご担当の皆さま
開催日時 2021年07月02日(金)10:00~17:00  
講師 河西 知一
会場 大阪セミナールーム(ハービスOSAKAオフィスタワー19F) 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員 26,400円 
SQUET一般会員 29,700円 
会員以外 35,200円
※テキスト代、消費税等を含みます。昼食のご用意はございません。

◆◆受講お取消しについて◆◆ 
 開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
 その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
 なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
 ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
 やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。
●受講申込み後、「受講証」はマイページより出力ください。「請求書」はご郵送いたします。
 届かない場合は TEL 06-7637-1410 までお問い合わせください。
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

講師プロフィール

社会保険労務士法人トムズコンサルタント 代表社員
特定社会保険労務士  河西知一
大手外資系企業などで財務・人事部門の管理職を経験の後、社会保険労務士資格を取得し、社会保険労務士法人トムズコンサルタントを設立。労務管理、賃金体系の改定、社会保険、労働保険などの業務を通じて数多くの企業の指導にあたる。平成11年4月、トムズ・コンサルタント株式会社を設立。上場企業から中小企業まで幅広く人事労務問題・賃金に関するコンサルティングを手掛けている。銀行系総研での明快な講義と懇切な指導には定評がある。
【著書】
『絶対やってはいけない会社の人事』(総合法令出版)、『法律家のための年金・保険Q&A』『健康保険・厚生年金保険用語手続事典』『Q&A高齢者の生活・介護支援の手引』(新日本法規出版)、『事例からわかるモンスター社員への対応-会社を守るための就業規則』(泉文堂)他専門書の執筆多数。

カリキュラム

1.総務が情報の中心でなければならない
(1)会社の将来を左右する総務部門の役割
(2)情報は総務が発信する
(3)情報は総務に集約される
(4)これからの総務とは


2「. 結果処理型」から「未来展望型」へ意識転換をはかれ!
(1)会社の基本理念を再構築するのは総務
(2)結果処理型から未来展望型ヘ
(3)総務部門長に求められる資質
(4)総務が良くなれば会社は必ず良くなる


3. 中長期で取り組む総務の課題
(1)本社機能の改革
(2)施設管理とは違うファシリティマネジメント
(3)風土改革につなげる業務改革
(4)多様な人材を活かす人事管理


4. 総務の新しい「経営管理業務」
(1)株主総会対策
(2)反社会的組織対策
(3)知的財産所有権の管理
(4)競業避止問題
(5)営業秘密対策
(6)災害・感染症防止対策と事業継続計画(BCP)

(7)新しい生活様式と就業スタイルの両立
(8)健康経営への取組み


5. 総務の新しい「労務管理」
(1)女性および高齢者の活躍推進
(2)問題社員対策
(3)セクハラ・パワハラ・マタハラ問題と対応
(4)うつ病・新型うつ問題、メンタルヘルスケア
(5)総務が実施する管理職教育
(6)働き方改革の取組みと時間外労働の抑制


6. 総務の新しい「社内外対応業務」
(1)情報管理業務( 個人情報管理・HP・情報リスク管理)
(2)最新のCSR
(3)広報窓口としての総務
(4)社内の司令塔としての総務


◎筆記具をご持参ください。
※撮影、録音はご遠慮願います。
※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

 

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

ページトップへ戻る