三菱UFJビジネスセミナー

情報収集や資料作成の苦手を克服!【大阪開催252】資料作成のための「情報収集術」と「情報分析術」向上講座【半日】

  • ★このセミナーは来場形式のリアル開催とオンラインでの同時開催をいたします★
    ※こちらのサイトは「来場形式」の申込みになります。

    ~資料作成の心得と、資料を一貫してロジカルに作成するコツがわかる~

セミナー概要・ねらい

 上司から「キミ、この資料を作っておいてくれ」と指示されたとき、どうやって必要な情報を収集し、どのようにわかりやすく資料を作成しますか?
 上司の信頼を得るには、正確な情報を素早くつかみ、それを自分なりに加工して、ロジカルに資料を作成する必要があります。
 このセミナーでは、情報収集の基本的原則、資料作成の心得、ロジカルな資料の作成方法等を講師の実体験に基づき、わかりやすく指導いたします。
 情報収集の基本的原則がわかり、資料作成がとにかく速くなります。
 情報収集や、資料作成が苦手な方でも、「え! なんでそんなことを知っているんだ!」と上司に驚かれるほど、情報通になり、求められる資料を作成できる力が身につきます。

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。

【ログイン確認】

2020年6月8日以降お申込み実施の方は
「マイページへ」からログインしてください。
初回お申込みの方は右側「申込画面へ」にお進みください。

ジャンル 中堅社員・若手社員
対象者 上司・顧客より求められた資料を速く・的確に作成したい全ての皆さま
開催日時 2020年11月11日(水)13:00~17:00  
講師 坂口 孝則
会場 大阪セミナールーム(ハービスOSAKAオフィスタワー19F)
 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員 19,800円 
SQUET一般会員 23,100円 
会員以外 28,600円
※テキスト代、消費税等を含みます。昼食のご用意はございません。
※複数名割引サービスにつきましては、2018年度をもちまして終了いたしました。


◆◆受講お取消しについて◆◆ 
 開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
 その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
 なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
 ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
 やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。
●受講申込み後、「受講証」はマイページより出力ください。「請求書」はご郵送いたします。
 届かない場合は TEL 06-7637-1410 までお問い合わせください。
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。

講師プロフィール

未来調達研究所株式会社 取締役
調達・購買コンサルタント  坂口孝則
大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー・自動車メーカーの調達部門にて従事。調達、購買、原価企画を担当。調達担当者として担当した企業は200社以上。コスト削減・原価・仕入れ等の調査・研究を続けている。
【著書】
『調達力・購買力の基礎を身につける本』『調達・購買実践塾』『だったら、世界一の購買部をつくってみろ!』『The調達・仕入れの基本帳77』(日刊工業新聞社)、『会社が黒字になるしくみ』(徳間書店)、『牛丼一杯の儲けは9円』(幻冬舎)等、同領域の著書は34冊にのぼる。

カリキュラム

1.情報収集5つの鉄則
(1)情報収集や上司へのヒアリングから
(2)資料は「会社の役に立つもの」になっているか
(3)情報「種類」を把握しておく
(4)情報は常に疑う

 

2.資料作成の心得
(1)資料作成前の整理術
(2)ストーリーチャートの作成
(3)インタビュー申し込み文例

 

3.会社について調べる
(1)ウィキペディア、個人ブログとの付き合い方
(2)週刊誌系ニュースサイト、アマゾンの活用
(3)非上場企業の決算書を手に入れる方法
(4)上場企業の決算書を手に入れる方法
(5)全国企業財務諸表分析統計等の活用

 

4.業界について調べる
(1)各種意識調査、日経テレコン等の利用
(2)大宅壮一文庫の活用
(3)各産業動向レポート、業界紙を調べる
(4)各種業界地図の活用
(5)銀行系のシンクタンクから最新情報を拾う

 

5.ここまで調べたのか! と驚かれる調査術
(1)産業材料価格推移や物価調査
(2)家計調査等
(3)気象庁過去天気調査
(4)消費者物価指数
(5)世界の物価
(6)輸入物価
(7)日本の多額納税者を調べる

 

6.調査した情報を、
  統計の観点から眺めてみる
(1)統計をつかうと何ができるか
(2)ニュースにあふれる統計の意味がわかる


◎筆記具をご持参ください。
※撮影、録音はご遠慮願います。
※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

 

ページトップへ戻る