三菱UFJビジネスセミナー

楽しく学んで、会計のしくみがわかる!【東京開催517】「財務3表 一体理解法」

  • 財務3表(貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書)のつながりと会計を理解する

セミナーのねらい

 「そもそも決算書は何のためにあり、会社の何を表そうとしているのでしょうか。」
 財務諸表の構造や経営分析の比率だけを、いくら勉強しても、財務諸表は理解できません。財務3表の数字がそれぞれの会計処理毎にどう動くか、それぞれの数字が財務3表のどことどうつながっているかがわかれば、「目からウロコが落ちる」ように財務諸表のしくみが納得できます。
 このセミナーでは、財務3表の基礎と3表のつながり、さらには、図解による財務分析のポイント(決算書のどこを見ればわかるか)までを解説します。取引先の経営状態の把握など、実務の現場で活かせる力を、楽しく学んで身につけるセミナーです。
 講師は、わかり易く会計のしくみが理解できる研修をモットーとする國貞克則氏です。

◆ご受講の皆さまに講師の著書『財務3表一体理解法』を進呈いたします。

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。

【ログイン確認】

2020年6月8日以降お申込み実施の方は
「マイページへ」からログインしてください。
初回お申込みの方は右側「申込画面へ」にお進みください。

★受講者の声★

  • ・P/L、B/S、C/Sから企業の戦略や状況等がわかり、驚きました。
    ・これまで財務諸表を眺めても、何をどう見てよいか全くわからなかったが、
     B/S、P/L、C/Sの関係がわかってきました。
    ・ワークが多く、手を動かしながら考えることができよかった。
    ・時間配分が上手く、演習もあり、わかりやすい講義でした。
    ・いただいた資料も良く、後で使えそうです。
    ・ほぼ会計の知識の無い状態で受講したにも関わらず、非常にわかりやすく、理解できました。
    ・広い視野で経営を見ていく大切さを改めて教えていただき、本当によかった。
    ・今までは税理士が作った財務3表をそのまま転記していたが、今回のセミナーで、
     どのように作られているのか理解できた。
    ・会計は難しいという印象が無くなり、もっと勉強してみたいと思えるようになりました。
ジャンル 経理・財務・税務
対象者 全部門の皆さま
※簿記の知識のない方・会計初心者の皆さまにもわかり易く解説します。
開催日時 2019年11月19日(木)10:00~17:00  
講師 國貞 克則
会場 東京セミナールーム(オランダヒルズ森タワー24F) 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員:26,400円
SQUET一般会員:29,700円
会員以外:35,200円
※テキスト代、消費税を含みます。昼食のご用意はございません。

◆◆受講お取消しについて◆◆ 
開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。

●受講申込み後、「受講証」はマイページより出力ください。
「請求書」はご郵送いたします。
届かない場合は Eメール seminar-t@murc.jp または
TEL 03-6733-1059 までお問い合わせください。

※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。

講師プロフィール

有限会社ボナ・ヴィータコーポレーション 代表取締役
國貞克則
1961年岡山県生まれ。東北大学機械工学科卒業後、神戸製鋼所入社。海外プラント建設事業部、人事部、企画部、海外事業部を経て、1996年米国クレアモント大学ピーター・ドラッカー経営大学院でMBA取得。2001年ボナ・ヴィータコーポレーションを設立。中小企業の経営支援や大手企業の管理職教育が得意分野。
【著書】
『財務3表のつながりでわかる会計の基本』『ストーリーでわかる財務3表超入門』(ダイヤモンド社)、『財務3表一体理解法』『財務3表一体分析法』(朝日新書)、『財務3表がスラスラ理解できて英語力も身につく本』(ゴマブックス)、『現場のドラッカー』(角川新書)、訳書に『財務マネジメントの基本と原則』(東洋経済新報社)他多数。

カリキュラム

1.「決算書の全体像を理解する」
1)そもそも決算書は何のためにあるのか
2)財務3表で会社の何を表そうとしているのか
3)全ての企業に共通する3つの活動

2.「財務3表の基礎知識」
1)損益計算書(P/L)
2)貸借対照表(B/S)
3)キャッシュフロー計算書(C/S)

3.「財務3表のつながりを理解する」
1)会社設立
2)固定資産の取得
3)現金商売と掛け商売
4)借入と元本・金利の支払い
5)減価償却
6)在庫計上
7)税金の計上と支払い

4.「純資産の部を理解する」
1)資本金、資本剰余金、利益剰余金
2)株主資本等変動計算書
3)配当と純資産の部の関係

5.「実際の決算書を分析してみる」
1)PL、BS、CSから何がわかるか
2)キャッシュフローから戦略的な立ち位置が見えてくる
3)経営分析
 ①どこを見れば会社がわかるのか
 ②代表的な財務分析指標
 ③会社にとって大切な4つの数字

※本セミナーは会計の初心者の方でも安心して受講いただける内容ですが、不安がある方は
 受講前に『ストーリーでわかる財務3表超入門』(同講師著/ダイヤモンド社)をお読み
 いただけばより
理解が深まります。

※電卓と筆記用具をお持ちください。
※録音・録画はご遠慮願います。
※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ戻る