三菱UFJビジネスセミナー

会社で発生しやすいトラブルの予防法を学ぶ【大阪開催620】会社を守る!役員・管理職に必須の法律知識とコンプライアンス

  • ̶ 管理職・役員として必要な法的素養を身につける ! ̶

セミナー概要・ねらい

 企業不祥事・契約トラブル・債権回収・残業代問題など、大企業のみならず中小企業にも法的トラブルは日常的に発生しており、その数は増加傾向にあります。
 その原因の大部分は、幹部・管理職が基礎的な法的知識・センスを有していないことにあります。
 管理職は、会社に損害が発生しないようにする義務と責任を負っていますが、その責務をきちんと全うするためには基礎的な法律知識を身につけておくことが必須と言えるでしょう。
 このセミナーでは、具体的事例を多く用いながら、様々な業務の場面における法律のチェックポイントをわかりやすく解説いたします。
 法律初学者でも十分理解できる内容です。

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。

【ログイン確認】

2020年6月8日以降お申込み実施の方は
「マイページへ」からログインしてください。
初回お申込みの方は右側「申込画面へ」にお進みください。

ジャンル 総務・労務・人事・賃金
対象者 経営者・役員・各部門長および管理者の皆さま
開催日時 2020年11月26日(木)10:00~17:00  
講師 野口 大
会場 大阪セミナールーム(ハービスOSAKAオフィスタワー19F)
 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員 26,400円 
SQUET一般会員 29,700円 
会員以外 35,200円
※テキスト代、消費税等を含みます。昼食のご用意はございません。
※複数名割引サービスにつきましては、2018年度をもちまして終了いたしました。


◆◆受講お取消しについて◆◆ 
 開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
 その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
 なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
 ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
 やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。
●受講申込み後、「受講証」はマイページより出力ください。「請求書」はご郵送いたします。
 届かない場合は TEL 06-7637-1410 までお問い合わせください。
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。

講師プロフィール

野口&パートナーズ・コンサルティング株式会社 代表取締役 
野口&パートナーズ法律事務所 代表 弁護士 野口大

企業法務・人事労務に強い弁護士として全国的に著名であり、労働裁判や労基署調査、 団体交渉等を専ら会社側・経営側の立場で数多く手がけている。紛争事案のみならず、 現場に入って社員面談等も行ったり、紛争予防ノウハウを駆使する等、数少ない「人事 労務コンサルタント型弁護士」として、北海道から沖縄まで全国の多数の企業のブレー ンをつとめている。


【著書】「労務管理における労働法上のグレーゾーンとその対応」(日本法令)はベストセラー


カリキュラム

1.会社を守るコンプライアンスの基礎知識
(1)実例紹介
(2)コンプライアンス=法令遵守ではない
(3)どうせ発覚しないという発想が甘い
(4)会社のためにやった、という言い訳は通用しない
(5)不祥事発生時の対応方法


2.問題社員の解雇
(1)解雇はトラブルの宝庫
(2)30日前に予告すれば解雇できるのか
(3)解雇通知を出す前にやることがある


3.激増するサービス残業トラブル
(1)危ない分野であることを知る
(2)書類上の労働時間で把握するのは危険
(3)部下の労働実態を掌握し、業務量調整を行っているか
(4)その定額残業代は適法か?


4.セクハラ
(1)飲み会が危ない  
(2)相談担当者が訴えられることもある
(3)「同意していた」という言い訳は通用するか

 

5.パワハラ
(1)注意指導とパワーハラスメントの区別
(2)自信をもって注意指導できないと組織が崩壊する


6.メンタルヘルス事案
(1)素人判断は危ない
(2)主治医の診断書にふりまわされるな
(3)ストレスチェック制度


7.契約書
(1)正式な契約書でなくてもトラブルを予防できる
(2)具体的事例


8.債権回収
(1)事前準備が不十分なら1円も回収できない
(2)納入停止
(3)連帯保証の取り方
(4)商品引き上げの方法
(5)売掛金を担保にとる
(6)請求書を送り続けるのは無意味

 

◎筆記具をご持参ください。
※撮影、録音はご遠慮願います。
※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

 

ページトップへ戻る