三菱UFJビジネスセミナー

後継社長は第二創業で会社を成長軌道に乗せよう【大阪開催008】★新企画★会社を飛躍させる第二創業の進め方

  • コロナショックのピンチをチャンスに変えて変革を起こせ !

セミナー概要・ねらい

 創業社長が高齢化し、事業承継のラッシュで多くの後継社長が生まれています。しかし、そうした会社の多くは、事業環境の劇的な変化により、従来のビジネスモデルが時代不適合となっています。
 また、後継社長は先代社長と同じ経営スタイルで、会社を引っ張っていくことはできません。ビジネスモデルの変革、経営手法の刷新など第二創業を行う必要に迫られています。
 このセミナーでは、後継社長の第二創業への支援を得意とする経営コンサルタントが、会社を飛躍させる第二創業の進め方についてわかりやすく解説します。
           
   ◆◆このセミナーの効果◆◆
 ①会社を成長軌道に乗せる第二創業の必要性と進め方について理解を深める
 ②儲けるための事業戦略やこれからの時代に合ったビジネスモデルについて学ぶ
 ③経営の仕組みで会社組織をマネジメントし、持続的な成長を実現する経営手法を学ぶ

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。

【ログイン確認】

ID・パスワードご登録済の方は、
「ログインへ」にお進みください。
ご不明な方は「申込画面へ」にお進みください。
※SQUET会員IDとは別のご登録となります。詳しくはこちら

ジャンル 経営者・経営幹部
対象者 後継社長(候補)、経営幹部の皆さま(後継社長と幹部の方が一緒に受講されることをお勧めします)
開催日時 2020年12月15日(火)10:00~17:00  
講師 大塚 直義
会場 大阪セミナールーム(ハービスOSAKAオフィスタワー19F)
 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員 28,600円 
SQUET一般会員 31,900円 
会員以外 37,400円
※テキスト代、消費税等を含みます。昼食のご用意はございません。
※複数名割引サービスにつきましては、2018年度をもちまして終了いたしました。


◆◆受講お取消しについて◆◆ 
 開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
 その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
 なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
 ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
 やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。
●受講申込み後、「受講証」はマイページより出力ください。「請求書」はご郵送いたします。
 届かない場合は TEL 06-7637-1410 までお問い合わせください。
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。

講師プロフィール

株式会社セントエイブル経営 代表取締役 経営コンサルタント 
MBA 大塚直義

東京大学 経済学部 卒業。MBA(ニューヨーク大学、ファイナンス専攻)東芝の総合企画部、海外事業推進部、東芝ヨーロッパ社等の部門で、経営企画、事業構造改革(海外事業、新規事業開発、M&A・資本提携等)の業務を20年経験。その後、4社で執行役員 経営管理本部長やグループ会社社長等の要職で、経営企画、経営管理の分野を中心に経営幹部として活躍。その経験を活かして中小企業の発展に貢献したいとの思いからコンサルタントとして独立。経営戦略の策定・実行マネジメント、事業承継、第二創業などの支援や、経営幹部・管理者等の育成を行なっている。講演やセミナーは、自らの実務経験をベースに、事例、ディスカッション、演習を交え、明快でわかりやすいと好評を得ている。


カリキュラム

1.第二創業で会社を飛躍させよう!
(1)環境変化で“売れない時代”になった!
(2)勝ち残るためにビジネスモデル変革が必要!
(3)“仕組み経営”で成長を実現!

 

2.儲けるための事業戦略
(1)3Cで事業の本質と戦略の重要性を再認識
(2)中堅中小企業の事業戦略の基本
(3)中小企業の絶対的な強みを活かせ!
(4)マーケティング戦略を進化させろ!

 

3. “売れない時代”のビジネスモデル
(1)差別化戦略を進化させろ!
(2)「モノ売りの発想」から「コト売りの発想」へ
(3)生涯顧客化を実現する囲い込み戦略
(4)高付加価値・高収益ビジネスを目指せ!

 

4.事業構造変革の重要性
(1)プロダクト・ライフサイクル
  (事業には寿命がある!)
(2)PPMとは?
(3)中長期での事業構造の変革の必要性

 

5.事業構造変革の進め方
(1)新規事業の落とし穴
(2)新規事業の展開領域
(3)リーン・スタートアップ
(4)新規事業開発の留意点
(5)事業変革・事業再編の留意点

 

6.事業変革を実現するために
(1)変革はマネジメントサイクルのリープ
(2)ラーニングの必要性と進め方

 

7.経営手法の変革で成果を上げろ!
(1)先代社長のボス型経営は通用しない
(2)経営の仕組みで会社を動かせ!
(3)コックピット経営
(4)ハイパー予算マネジメント
  (目標必達のマネジメント)
(5)社員の意欲を高めて業績を上げろ!
(6)社員と会社がともに成長する企業経営

 

8.強い会社を創るための第一歩を踏み出そう
(1)持続的成長を実現する経営とは?
(2)第二創業で会社を成長軌道に乗せよう!


◎筆記具をご持参ください。
※撮影、録音はご遠慮願います。
※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

 

ページトップへ戻る