三菱UFJビジネスセミナー

【大阪開催623】★新企画★ビジネスパーソンが知っておくべき会社の仕組み(会社法)

  • 知っておけば会社のニュースの「なぜ?」が分かる !

セミナー概要・ねらい

 このセミナーは、会社法を中心として会社の仕組みを説明するセミナーです。「会社法」などと言うと、「そんな堅苦しい法律の話は法務部の仕事だ」と思うかもしれません。
 しかし、経理部門や経営企画部門などにとっても、前提知識として不可欠です。
 会計や資金調達の基本ルールを支えるのは会社法ですし、ガバナンスやM&Aに関する具体的ルールを定めているのも会社法だからです。
 さらに言えば、会社法はすべてのビジネスパーソンが知っておくべきものです。なぜなら、会社法とは会社に関するすべての基本ルールを定めたものだからです。
 これを知らずして会社で働くというのは、サッカーのルールもろくに知らないままピッチに立つようなものです。
 このセミナーによって、普段当たり前のように使っている「株式会社」「社員」「取締役」「代表取締役」などの言葉の本当の意味を知り、新たな発見があるのではないかと思います。
 会社法を通じて会社の基本的な仕組みを学びたい経理部門、経営企画部門、そしてすべてのビジネスパーソンにおすすめのセミナーです。

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。

【ログイン確認】

ID・パスワードご登録済の方は、
「ログインへ」にお進みください。
ご不明な方は「申込画面へ」にお進みください。
※SQUET会員IDとは別のご登録となります。詳しくはこちら

ジャンル 総務・労務・人事・賃金
対象者 経理部門・経営企画部門ご担当、会社の仕組みを学びたい全てのビジネスパーソンの皆さま
開催日時 2020年12月08日(火)10:00~17:00  
講師 金子 智朗 
会場 大阪セミナールーム(ハービスOSAKAオフィスタワー19F)
 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員 26,400円 
SQUET一般会員 29,700円 
会員以外 35,200円
※テキスト代、消費税等を含みます。昼食のご用意はございません。
※複数名割引サービスにつきましては、2018年度をもちまして終了いたしました。


◆◆受講お取消しについて◆◆ 
 開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
 その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
 なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
 ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
 やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。
●受講申込み後、「受講証」はマイページより出力ください。「請求書」はご郵送いたします。
 届かない場合は TEL 06-7637-1410 までお問い合わせください。
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。

講師プロフィール

ブライトワイズコンサルティング合同会社 代表社員
公認会計士・税理士  金子智朗
1965年生まれ。東京大学工学部卒業。東京大学大学院修士課程修了。日本航空(株)において情報システムの企画・開発に従事しながら、1996年公認会計士第2次試験に合格。プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント等を経て独立。現在、ブライトワイズコンサルティング合同会社代表社員。会計とITの専門性を活かしたコンサルティングを中心に、企業研修やセミナー講師も多数行っている。
名古屋商科大学大学院ビジネススクール教授(ティーチング・アウォードを複数回受賞)。
【著書】『「管理会計の基本」がすべてわかる本』(秀和システム)、『ケースで学ぶ管理会計』、『理論とケースで学ぶ財務分析』(同文舘出版)、『ストーリーで学ぶ管理会計入門』(kindle)など。
   
【ホームページ】 https://www.brightwise.jp
【オンライン会計事典】 https://www.kaikeijiten.com

カリキュラム

1.そもそも「会社」とは何か
(1)会社とは ~重要な「法人」という概念~
(2)【演習】会社の種類
(3)株式会社 ~株式会社は異常な会社~
(4)株主と債権者 ~根本から2人の違いを理解する~
(5)【演習】
  ①「社員」の地位を細分化するメリット
  ②「上場会社」と「公開会社」の違い

 

2.株式
(1)株式とは ~株券と株式は違う~
(2)株主平等原則
   ~会社法の根底に流れる大原則の1つ~
(3)「特別な内容の株式」と「種類株式」
   ~さまざまな株式の発行が自由になった~
(4)【演習】大原則の1つ「株式譲渡自由の原則」
  ①株式譲渡が自由であることの必要性
  ②その一方で、株式の譲渡制限が認められている理由

 

3.会社の機関
(1)会社の「機関」とは
(2)機関設計の基本ルール ~多様な期間が可能~
(3)具体的に可能な機関設計
   ~公開大会社で可能な機関は限られる~
(4)監査役会設置会社 
   ~最も多くの会社が採用する従来からの形態~
(5)指名委員会等設置会社
   ~執行役員と執行役は似て非なるもの~
(6)監査委員会設置会社
   ~2014年に新設されてから人気急上昇~
(7)株主総会における決議の種類
   ~重要なのは普通決議と特別決議~
(8)代表取締役 ~「代表」とは何を代表するのか~
(9)取締役会
   ~「取り締まる役」の「会」であるところに意味がある~
(10)3つの監査 ~金融商品取引法も含めて整理~
(11)役員の義務と責任
   ~これを知っていたら役員なんかならなかった!?~
(12)【参考】善意、悪意、過失、無過失の意味
(13)株主代表訴訟 ~誰でもできるわけではない~
(14)【演習】
  ①大塚家具における委任状争奪戦の狙い
  ②「代表取締役社長」は本来はおかしい!?
  ③代表取締役が複数存在する理由
  ④「子会社」の意味
  ⑤買収で33.4%を目指す意味
(15)企業統治に関する最新トピック
   ~2014年改正で強化された~

 

4.その他の重要トピック
(1)資金調達 ~3つの基本ワザ~
(2)配当 ~「分配可能額」の理解がポイント~
(3)M&A ~具体的にどういう方法があるのか?~

 

◎筆記具をご持参ください。
※撮影、録音はご遠慮願います。
※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

 

ページトップへ戻る