三菱UFJビジネスセミナー

【大阪開催006】戦略的に策定する「中期経営計画」

  • ̶ 数値計画の立て方から役立つ戦略フレームワークまで ̶

セミナー概要・ねらい

 組織であっても個人であっても、偶然ではなく必然的に成果を出すためには計画が必要です。そして、組織が複数年に渡って立てる計画が中期経営計画です。そこには「明確な数値計画」と「具体的な行動計画」の両方が必要不可欠であり、戦略的思考が重要です。
 ところが現実の中期経営計画は、大まかな方針や戦略だけで、具体的な数字に落とし込まれていないものや、逆に現場からの寄せ集めで作った単なる複数年の予想損益計算書にしか過ぎず、数字達成の具体的根拠も戦略もよく見えないものが散見されます。
 このセミナーでは、中期経営計画のための数値計画の策定法から、具体的行動計画を考える上で役立つ戦略フレームワークを伝授します。

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

【ログイン確認】

ID・パスワードご登録済の方は、
「ログインへ」にお進みください。
ご不明な方は「申込画面へ」にお進みください。
※SQUET会員IDとは別のご登録となります。詳しくはこちら

ジャンル 経営者・経営幹部
対象者 経営者、経営幹部、経営企画、管理部門の皆さま
開催日時 2020年11月10日(火)10:00~17:00  
講師 金子 智朗
会場 大阪セミナールーム(ハービスOSAKAオフィスタワー19F)
 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員 28,600円 
SQUET一般会員 31,900円 
会員以外 37,400円
※テキスト代、消費税等を含みます。昼食のご用意はございません。
※複数名割引サービスにつきましては、2018年度をもちまして終了いたしました。


◆◆受講お取消しについて◆◆ 
 開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
 その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
 なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
 ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
 やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。
●受講申込み後、「受講証」はマイページより出力ください。「請求書」はご郵送いたします。
 届かない場合は TEL 06-7637-1410 までお問い合わせください。
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

講師プロフィール

ブライトワイズコンサルティング合同会社 代表社員
公認会計士・税理士  金子智朗
1965年生まれ。東京大学工学部卒業。東京大学大学院修士課程修了。日本航空(株)において情報システムの企画・開発に従事しながら、1996年公認会計士第2次試験に合格。プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント等を経て独立。現在、ブライトワイズコンサルティング合同会社代表社員。会計とITの専門性を活かしたコンサルティングを中心に、企業研修やセミナー講師も多数行っている。
名古屋商科大学大学院ビジネススクール教授(ティーチング・アウォードを複数回受賞)。
【著書】『「管理会計の基本」がすべてわかる本』(秀和システム)、『ケースで学ぶ管理会計』、『理論とケースで学ぶ財務分析』(同文舘出版)、『ストーリーで学ぶ管理会計入門』(kindle)など。
   
【ホームページ】 https://www.brightwise.jp
【オンライン会計事典】 https://www.kaikeijiten.com

カリキュラム

1.経営計画はどう立てればいいか
 (1)志望校に合格するためにはどうするか?
 (2)バランスト・スコアカードという考え方
 (3)長期経営計画、中期経営計画、予算の関係

 

2.戦略の基本
 (1)「戦略」とは何か
 (2)戦略はなぜ必要か
 (3)企業理念、ビジョン、戦略の階層
 (4)戦略論のトレンド


3.財務計画の立て方
 (1)固定費と変動費に分けて考える
 (2)利益目標から逆算する
 (3)財務3表への展開
 (4)財務指標からスタートする場合
 (5)資金計画
 (6)予算へのブレ一クダウンとローリング


4.行動計画(アクション・プラン)への落とし込み
 (1)現状分析
   ①現状分析とギャップの把握が行動計画のスタート
   ②マクロ的外部環境把握のためのPEST分析
   ③業界構造把握のための5 Forces分析
   ④業界特性把握のためのアドバンテージ•マトリクス
   ⑤SWOT分析+TOWS分析で候補の洗い出し
 (2)やれることは2種類5つ
   ①売上高を増やす
    • 既存事業の販売量を増やす
    • 既存事業の価格を上げる
    • 新事業をやる
   ②費用を減らす
    • 変動費を減らす
    • 固定費を減らす(稼働率を上げる)

 (3)売上を増やすための戦略フレームワーク
   ①M.ポーターの3つの基本戦略
   ②F.コトラーのポジションごとの基本戦略
   ③新規+開拓 vs. 既存+維持
 (4)新規事業のための戦略フレームワーク
   ①BCGのPPM
   ②事業の強化・撤退の基本的考え方
   ③アンゾフのマトリクス
   ④ブルー・オーシャン戦略
   ⑤イノベーションのジレンマ
   ⑥デジタル時代の戦略パターン
   ⑦リーン・スタートアップとアダプティブ戦略を心掛ける
 (5)費用削減のための基本戦略
   ①費用の種類と基本特性
   ②費用削減のための基本パターン
    • 規模の経済性
    • 範囲の経済性
    • 習熟の経済性
    • 密度の経済性
   ③ストラテジック・ソーシング
   ④バリュー・チェーン分析と活動分析


5.組織戦略と人材戦略
 (1)「組織は戦略に従う」の真意
   ①本当は「組織は戦略に従う」とは言っていない
   ②戦略→組織のケ一ス
   ③組織→戦略のケ一ス
 (2)最後に物を言うのは人材
   ①採用にもっと時間と労力を
   ②人材育成にお金をかける
   ③動機づけ理論から考える報酬のあり方


◎筆記具をご持参ください。
※撮影、録音はご遠慮願います。
※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

 

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

ページトップへ戻る