三菱UFJビジネスセミナー

★オンラインLIVEセミナー★会社経営に不可欠!経理担当に必須!オンラインLIVEセミナー「資金繰りの実務とキャッシュフロー計算書」【名古屋主催513】

  • 資金繰りを良くする具体策から、簡単な作成法までわかりやすくご指導

セミナー概要・ねらい

 利益は出ているのに資金が足りないのはなぜか?資金源はあるのに無駄な借り入れを行っていないか?
 キャッシュフロー経営を意識・実践することで、会社の現金の流れが正確に把握できます。
 本セミナーでは、資金繰りを良くする「着眼点10ヶ条」や、使える資金繰り表の作成方法を解説いたします。また、キャッシュフロー計算書についても、作成方法およびその分析方法を、ケーススタディを交え、実務で活用できるよう、わかりやすく解説いたします。

〈特典〉
・講師著書『「資金繰りの改善」と「キャッシュフロー計算書作成」 ここがポイント!』を進呈
・セミナー終了後にExcelシート(「資金繰り表・資金繰り予定表作成シート」他)をダウンロードいただけます


◆担当者のお勧めコメント◆
豊富な事例とわかりやすい説明で毎回高評価の松田講師。データ、書籍を進呈しますので、セミナー後も実務にご活用いただきやすい講座です。


=========================================
【ご受講にあたっての注意事項】
〇本講座には、ご自身のパソコン、スマートフォンやタブレットを用いた、オンライン
 LIVEセミナーの視聴環境が必要です。
本セミナーでは視聴に際し、受講者のメールアドレスが必要です。
 受講者以外の方がお申込み手続きをされる場合には、お申込みページ内の
 『受講者E-mail』又は『ご連絡事項』に受講者のメールアドレスの記載をお願いします。

〇著作権保護の為、共有IDでのご利用や、画面を投影してのご利用など、受講者ご本人
 以外の視聴はお断りいたします。
=========================================

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。

【ログイン確認】

2020年6月8日以降お申込み実施の方は
「マイページへ」からログインしてください。
初回お申込みの方は右側「申込画面へ」にお進みください。

★受講者の声★

  • ・シンプルに単純化して説明くださったので大変理解しやすかった
    ・実際に計算することで、理解を深めやすかった
    ・キャッシュフロー計算書を作成する手順がつかめた
    ・ゆっくりお話をしていただいたので、考えながら聞くことができた
    ・ROAや借入返済の適正額の考え方が参考になった
    ・資金繰りを良くする10ケ条等、全て役立つと思う
ジャンル 経理・財務・税務
対象者 経営者・経営幹部、経理部門の皆さま
※ 簿記・決算書の知識をお持ちで、それを活かしたいと考えている方に最適です。
開催日時 2020年11月17日(火)10:00~17:00  
講師 松田 修
会場 オンラインLIVE形式(Zoom使用)にて開催 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員 26,400円 
SQUET一般会員 29,700円 
会員以外 35,200円
※テキスト代、消費税等を含みます。昼食のご用意はございません。
※複数名割引サービスにつきましては、2018年度をもちまして終了いたしました。

〇オンラインLIVE形式(Zoom使用)にて開催いたします。

〇お申込み受付後、オンラインセミナーへの接続方法等を記載したマニュアルを受講者様のEメールにてお送りいたしますので、機器の接続テストを実施してください。

◆◆受講お取消しについて◆◆
キャンセルをご希望の場合は、Eメール
(seminar-n@murc.jp)にてご連絡ください。
入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
ただし、テキスト受領後(開催の3日営業日前までにメールまたは郵送にてご案内予定)のキャンセルは、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けますので、よろしくお願いいたします。
代理の方にご受講いただくことは可能です。
なお、他のセミナーへのお振り替えはいたしかねますので、ご了承ください。

●受講申込み後、「請求書」をご郵送いたします。
 届かない場合は TEL 052-307-1105 までお問い合わせください。

※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。

講師プロフィール

麻布ブレインズ・スクール 代表
松田会計事務所 所長  税理士  松田修

昭和61年税理士試験合格。学校法人村田簿記学校講師(法人税法、簿記論担当)を経て、財務・税務のプロ集団「公認会計士辻会計事務所(現:辻・本郷税理士法人)」に入所。主に法人税、資産税、財務分析を担当。平成5年に独立し、「税理士松田会計事務所」を設立。簿記・税務・パソコン財務会計主任者の専門スクール「麻布ブレインズ・スクール」代表。
【著書】
『社長の現ナマ経営』(すばる舎リンケージ)、『はじめてわかった決算書-プロのコツ-』『勝つ会社-プロのコツ-』(リイド社)、『Q&Aで基礎からわかる 固定資産をめぐる会計・税務』『挫折しない簿記入門』(清文社)

カリキュラム

1. 資金繰りを決定する要因 
(1)資金繰りを良くする・悪くする「4つの原因」
(2)失われた10年を資金繰りから総括
(3)「利益」が出ても現金預金が増えないのはなぜか?
(4)“優良負債”とは何か?
(5)倒産原因を資金繰りから解明【事例】
  ~旅行代理店の場合
(6)月次試算表から月々の資金繰りを計算【ケーススタディ】
(7)検証 どのような科目が増減し、キャッシュフロー(資金繰り)に影響しているのか?

2. 資金繰りを良くする
「着眼点10ケ条【演習】
 1:会社にお金が残らない代表的な4つのパターン
 2:前受金の活用を検討する
 3:売掛金の回収サイトと買掛金の支払サイトの違いに注目
 4:商品手持日数を把握する
 5:「総資本経常利益率(ROA)」「総資本回転率」で資産をチェック
 6:最低限必要なキャッシュは?
 7:運転資金を計算する 運転資金減少のポイント
 8:「当期利益+減価償却費」と「借入金の元本返済額」の関係に注意
 9:固定資産の持ちすぎに注意!固定資産を取得する際の目安
 10:「運転資金」「固定資産」の調達方法を考える

3. 資金繰り表の作成【ケーススタディ】

(1)実績資金繰り表の作成
  ●八分法の作成 ●六分法 ●予定・実績資金繰り表
(2)資金繰り表の見方と作成の留意点

4. キャッシュフロー計算書の作成と分析
【ケーススタディ
(1)キャッシュフロー計算書とは
(2)キャッシュフロー計算書(直接法)の作成方法
(3)キャッシュフロー計算書(間接法)の作成方法
(4)キャッシュフロー計算書を活用した経営分析と改善策
 1:キャッシュフローからわかる3つのパターン
 2:利益は出ているのに資金繰りが苦しい状態になっていないか
 3:財務活動によるキャッシュフロー
 4:フリーキャッシュフローの算出と活用法

※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

◎電卓、蛍光ペン、筆記具をお持ちください。
※撮影、録音はご遠慮願います。

==========================================
【オンラインLIVEセミナー視聴環境について】
●視聴には、以下の視聴推奨環境が必要です。
 <PC>Firefox 最新版、Chrome 最新版、Safari 最新版、Internet Explorer11 以上、
     Edge最新版
 <スマートフォン/タブレット>Android 4.4以上 Chrome、iOS 10.0以上 Safari
●データ通信容量については受講者ご自身で確保をお願いします。
●オンラインLIVE セミナー当日の受講環境は以下にご留意ください。
 <会場>騒音が入らない書斎やリビング、貴社施設内など、周辺環境の静かな場所でご参加
     ください。カフェなどのオープンスペースはご遠慮ください。
 < PC >以下のOS 要件を満たしたパソコンの使用を推奨します。
     Windows:Vista、Windows7 以上、Macintosh:Mac OS X 以上
  ※ACアダプターはコンセントに挿し、電源を確保してください。
  ※有線LANまたはWi-Fi接続を推奨します。
 <ネットワ-ク>通信速度30Mbps 以上を推奨
  ※公衆・フリーWi-Fi、テザリングの利用は、接続が不安定になるため推奨しません。
  ■通信速度を測定する方法■
   Googleの検索窓に「スピードテスト」と入れて検索すると、通信速度を測定することが
   できます。
==========================================

ページトップへ戻る