三菱UFJビジネスセミナー

人事評価=部下の「やる気」向上!
→早割申込はこちらをご利用ください!
【名古屋開催110】モチベーションを高める人事評価の進め方

  • 評価者が身につけるべき知識と基本スキルを学びます

セミナー概要・ねらい

「部下とのコミュニケーションが少なく、情報不足なので、無難に真ん中の点数を付けている」
「日頃の部下に対する印象を根拠にして、人事評価を行っている」
「そもそも人事評価制度って、何のために行うのか…?評価者って、何を求められているのか…?」
このような声をよく耳にします。
 苦労して構築した完成度の高い人事評価制度であっても、運用する「評価者」の力量が乏しければ、「上司によって評価が変わる」、「部下から『納得がいかない』という不満が上がる」といった機能不全に陥り、残念ながら期待通りの効果は出ません。評価制度の運用レベルを高め、望ましい状況をつくるには評価者のレベルアップが不可欠です。
 本セミナーでは、評価者が身につけておくべき3つの基本スキル「目標設定スキル」「評価スキル」「面談スキル」、そしてそれらの軸となる「評価者としてのスタンス」を、講義や実例エピソード、ワークなどを通じて学んでいただきます。

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。

【ログイン確認】

2020年6月8日以降お申込み実施の方は
「マイページへ」からログインしてください。
初回お申込みの方は右側「申込画面へ」にお進みください。

★受講者の声★

  • ・評価の考え方がわかった
    ・考課者訓練のPRG作成に活用したいと思う
    ・事実に基づく評価を行うことの重要性、評価傾向が参考になった
    ・会話の進め方、チャンク・ダウン、あやふやなまま終わらないことを学んだ
    ・部下との信頼構築が重要だと理解できた
    ・評価方法は人によって差があるが、理由などをしっかり考えることが重要
ジャンル 管理者・監督職
対象者 各部門管理者、人事・総務部の管理者・担当の皆さま
開催日時 2020年08月24日(月)10:00~17:00  
講師 岡野 隆宏 
会場 名古屋セミナールーム(マザックアートプラザ10F)
 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員 27,500円 
SQUET一般会員 30,800円 
会員以外 36,300円
※テキスト代、消費税等を含みます。昼食のご用意はございません。
※複数名割引サービスにつきましては、2018年度をもちまして終了いたしました。


◆◆受講お取消しについて◆◆ 
 開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
 その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
 なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
 ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
 やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。
●受講申込み後、「受講証」はマイページより出力ください。「請求書」はご郵送いたします。
 届かない場合は TEL 052-307-1105 までお問い合わせください。
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。

★早割サービスご利用の場合はこちらから

講師プロフィール

株式会社新経営サービス 人材開発部シニアコンサルタント  岡野隆宏

広告会社、研修会社にて人事・教育に関する実務を担当。その経験を基に、現在は「社員のモチベーション向上」をテーマとして主に中堅・中小企業の組織・人材開発を展開中。生産性向上・成果創出を図るべく、クライアント企業に対する研修のみならず、外部団体での講演も精力的に行っている。
受講者からは「事例が豊富で、“一歩踏み出す”イメージがつかめる」、「現場経験に基づいた話に説得力があり、“自分もやれる!”と勇気づけられる」と定評がある。


カリキュラム

1.人事評価とは? 評価者とは?
(1)人事評価の目的
(2)評価者の役割と実践度のチェック【個人ワーク】
(3)スキル以前にある「部下への影響力」の源泉~信頼関係の構築【一部ペアワーク】
(4)評価者に求められる「評価原則」

2.目標設定の導き方

(1)目標に必要な要件と観点例
(2)「見える化」の必要性と具体的方法
(3)目標設定のプロセス
(4)「課長の目標設定」【ケーススタディ】
(5)目標に対する動機づけ

3.評価ステップの正しい理解
(1)評価の進め方
(2)評価事実の捉え方【個人ワーク】
(3)日常の進捗管理・行動観察のコツ
(4)「店長の評価」【ケーススタディ】
(5)評価者が陥りやすい傾向

4.評価フィードバック面談の進め方

(1)評価面談の種類と位置づけ
(2)コミュニケーショントレーニング【ペアワーク】
(3)面談の満足度を高め、モチベーションを高める5つのコツ
(4)面談でやってはいけない6か条

※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

◎筆記具をお持ちください。
※撮影、録音はご遠慮願います。

ページトップへ戻る