三菱UFJビジネスセミナー

自社の“調達活動”をより強固なものとする!★講師著書進呈★
→早割申込はこちらをご利用ください!
【名古屋開催701】調達力・購買力の基礎とコスト削減セミナー

  • 具体的なツールや事例を交えながら実践的に解説

セミナー概要・ねらい

 本セミナーでは、調達・購買部門の重要性が増している中、担当者として何を学び・どのような能力を身につけるべきかを知っていただきます。そして、自社の“調達活動”をより強固なものとし、“調達スキル”のレベルアップを図っていきましょう。
 まずは、「調達・購買業務」の基礎を学んでいただき、「コスト削減」の基礎、「サプライヤマネジメント」の基礎について、具体的なツールやシート類を使いながら解説を進めていきます。製品原価・コスト分野の専門家である坂口講師が、事例を交えながら実践的に解説いたします。


★講師著書『調達・購買の教科書』を進呈★

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

【ログイン確認】

2020年6月8日以降お申込み実施の方は
マイページへログインしてください。

★受講者の声★

  • ・自社に応用できるヒントをいただけた
    ・今後、仕事していく上での心得など、明日から意識していきたい
    ・査定の手法、見積の分析方法、サプライヤー評価方法がわかった
    ・コスト構造分析のお話が非常に参考になった
    ・様々な判断基準がわかった
    ・コスト削減の基礎がわかった
ジャンル 生産・物流・購買
対象者 購買・外注・調達・仕入れ・生産管理部門の管理者、ご担当者、新任担当者の皆さま
開催日時 2020年07月03日(金)10:00~17:00  
講師 坂口 孝則 
会場 マザックアートプラザ 4階会議室
 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員 26,400円 
SQUET一般会員 29,700円 
会員以外 35,200円
※テキスト代、消費税等を含みます。昼食のご用意はございません。
※複数名割引サービスにつきましては、2018年度をもちまして終了いたしました。


◆◆受講お取消しについて◆◆ 
 開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
 その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
 なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
 ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
 やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。
●受講申込み後、「受講証」はマイページより出力ください。「請求書」はご郵送いたします。
 届かない場合は TEL 052-307-1105 までお問い合わせください。
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。

★早割サービスご利用の場合はこちらから

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

講師プロフィール

未来調達研究所株式会社 取締役
調達・購買コンサルタント  坂口孝則
大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー・自動車メーカーの調達部門にて従事。調達、購買、原価企画を担当。調達担当者として担当した企業は200社以上。コスト削減・原価・仕入れ等の調査・研究を続けている。
【著書】
『調達力・購買力の基礎を身につける本』『調達・購買実践塾』『だったら、世界一の購買部をつくってみろ!』『The調達・仕入れの基本帳77』(日刊工業新聞社)、『会社が黒字になるしくみ』(徳間書店)、『牛丼一杯の儲けは9円』(幻冬舎)等、同領域の著書は34冊にのぼる。

カリキュラム

1.調達・購買の基本姿勢
 
(1)調達・購買業務の役割と重要性
 (2)調達・購買担当者に求められる能力

2.調達・購買業務の基礎
 (1)調達・購買プロセス
 (2)RFxの提示
   ・PFI(情報提供依頼)
   ・RFP(提案依頼)
   ・RFQ(見積依頼)
 (3)下請法の基礎
 (4)契約書の基礎

3.コスト削減の基礎
 
(1)ABC分析
 (2)マトリクス分析
 (3)調達戦略の立案
 (4)調達戦略書の作り方
 (5)コスト削減4つのアプローチ
 (6)2つのコスト分析手法
  ・コストドライバー分析
  ・コスト構造分析
 (7)具体的なコスト査定手法
 (8)労務費の逆算方法
 (9)その他、コスト削減手法

4.サプライヤマネジメントの基礎
 
(1)サプライヤ評価とは
 (2)サプライヤ評価の具体的指標
 (3)評価結果に応じたサプライヤ入れ替え
 (4)サプライヤミーティング

5.ケーススタディ
   『私たちはどのサプライヤを選ぶべきか』
  現場に即した状況を設定し、制約条件の中でサプライヤを選定する演習を実施します。

※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

◎筆記用具をお持ちください。
※撮影・録音はご遠慮願います。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

ページトップへ戻る