三菱UFJビジネスセミナー

★緊急開催★ 実務のポイントを押さえる!10月から変わる育休の制度と実務対応【オンラインLIVE_T669】

セミナーのねらい

 育児介護休業法の改正により企業規模を問わず、2022年10月から休業中に就業できる出生時育児休業制度(産後パパ育休制度)が施行されます。この他にも通常の育児休業は分割取得が可能になることや、これら変更に合わせて育児休業給付金や社会保険料の免除制度も改正される等、これまでの育児休業制度の枠組みが大きく変わります。本セミナーでは、改正事項をどのように自社の制度に落とし込み、円滑に運用するか等、実務対応のポイントに加え、改正により育児休業制度全体がどう変わるのかについても解説します。

★見逃し配信つきで復習できる! 理解が深まる!

=========================================
【ご受講にあたっての注意事項】
〇本講座には、ご自身のパソコンやタブレットを用いた、オンラインLIVEセミナーの
 視聴環境が必要です。
本セミナーでは視聴に際し、受講者のメールアドレスが必要です。
 受講者以外の方がお申込み手続きをされる場合には、お申込みページ内の
 『受講者E-mail』又は『ご連絡事項』に受講者のメールアドレスの記載をお願いします。

〇著作権保護の為、共有IDでのご利用や、画面を投影してのご利用など、
 受講者ご本人以外の視聴はお断りいたします。
=========================================

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。

【ログイン確認】

ID・パスワードご登録済の方は、
「マイぺージへ」にお進みください。
ご不明な方は「申込画面へ」にお進みください。
※SQUET会員IDとは別のご登録となります。詳しくはこちら

ジャンル 総務・労務・人事・賃金
対象者 人事・総務部門ご担当の皆さま
開催日時 2022年8月1日(月) 13:00-16:00  
講師 小宮 弘子
会場 オンラインLIVE形式(Zoom使用)にて開催 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員:17,050円
SQUET一般会員:20,350円
会員以外:25,850円
※テキスト代、見逃し配信視聴料、消費税を含みます。

〇オンラインLIVE形式(Zoom使用)にて開催いたします。

〇お申込み受付後、オンラインセミナーへの接続方法等を記載したマニュアルを受講者様のEメールにお送りいたしますので機器の接続テストを実施してください。

〇テキスト(電子データ)は事前に受講者様ご自身でダウンロードいただきます。
※開催日の3営業日前(土/日/祝日除く)午前中、受講者様のEメールにダウンロードURLをお知らせいたします。

◆◆受講キャンセルについて◆◆
キャンセルをご希望の場合は、Eメール(seminar-t@murc.jp)にてご連絡ください。
入金済みの受講料を全額ご返金いたします。ただし、テキスト受領後(開催日の3営業日前にメールにてご案内予定)のキャンセルは、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますので、ご了承ください。

●受講申込み後、「請求書」をお送りいたします。

※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。

講師プロフィール

社会保険労務士法人トムズコンサルタント 代表社員
特定社会保険労務士 小宮弘子
大手都市銀行本部および100%子会社で、人事総務部門を経験の後、平成15年にトムズ・コンサルタント株式会社に入社。人事・労務問題のトラブル解決、諸規程、賃金・評価制度の改定をはじめ、社内制度全般のコンサルティングを中心に行う一方、クライアント先のメンタルヘルス・ハラスメント等の相談実績も多数。また、社会保険や給与計算業務等のビジネスセミナーにも多数登壇。
【著書】
『法律家のための年金・社会保険』『この1冊でポイントがわかる「働き方改革」の教科書』(共著)他。

カリキュラム

1.2022年10月改正の概要

2.出生時育児休業
1)制度概要
2)取得対象者(有期雇用者と労使協定)
3)制度の仕様を決める
 ①法令通りか・柔軟な制度か
 ②休業中の就業可否をどうするか
4)休業中に就業する場合の扱い(手続、働き方、労働時間の扱い等)
5)休業の申出期間と雇用環境整備
6)準備すべき事項や運用上の留意点

3.通常の育児休業
1)育児休業の分割取得
2)1歳を超える休業の種類と取り方

4.育児休業給付金と保険料免除要件の見直し
 (取得パターン別の給付金、給与・賞与の保険料免除)
1)出生時育児休業の場合
2)通常の育児休業の場合
3)育児休業を延長・再取得する場合
4)これまでと違う手続の留意点

5.運用の全体像
1)改正後の育児休業制度の全体像
2)制度運用に関する留意点(円滑な業務運営、良好な職場運営)
3)個別周知・意向確認する場合の留意点
4)就業規則および労使協定の改定

※受講時にはカメラをONにしてご受講ください。
※筆記用具をご用意ください。

※プログラムは、一部変更させて頂く場合もございますので、予めご了承ください。
※録音・録画はご遠慮願います。

===========================================

【オンラインLIVEセミナー視聴環境について】
●視聴には、以下の視聴推奨環境が必要です。
 【PC】Firefox 最新版、Chrome 最新版、Safari 最新版、
     Edge最新版
 【タブレット(スマートフォン)】Android 5.0以上 Chrome、iOS 10.0以上 Safari 
 ※ワークを行う講座ではPC、タブレットでの受講をお勧めいたします。
●データ通信容量については受講者ご自身で確保をお願いします。
●オンラインLIVE セミナー当日の受講環境は以下にご留意ください。
 【会場】貴社施設内(個室をお勧めします)、騒音が入らないご自宅の書斎やリビング等、
     周辺環境の静かな場所でご参加ください。カフェなどのオープンスペースは
     ご遠慮ください。
 【PC】以下のOS 要件を満たしたパソコンの使用を推奨します。
     Windows:Windows7 以上、Macintosh:Mac OS X 以上
  ※ACアダプターはコンセントに挿し、電源を確保してください。
  ※有線LANまたはWi-Fi接続を推奨します。
 【ネットワ-ク】通信速度30Mbps 以上を推奨
  ※公衆・フリーWi-Fi、テザリングの利用は、接続が不安定になるため推奨しません。
  ■通信速度を測定する方法■
   Googleの検索窓に「スピードテスト」と入れて検索すると、通信速度を測定することが
   できます。
===========================================

ページトップへ戻る