三菱UFJビジネスセミナー

ケース分析!経営数字の分析力・説明力 トレーニング講座【オンラインLIVE東京主催515】

セミナーのねらい

 本セミナーは、簿記・会計の基礎知識はあるけれど、管理会計や財務分析、予算管理などのより実践的・応用的な実力を身につけたいという方を対象にした参加型セミナーです。
 ●「経理の日常業務に慣れてきたので、管理会計もできるようになりたい」
 ●「管理会計のテキストを読んだが、よく理解できなかったのでしっかり勉強したい」
 ●「取引先や同業他社の財務分析をしたいが、やり方が分からない」
という皆さまにおすすめです。セミナーでは、まず講師が講義を行い、その後、演習問題を解いていただきます。演習問題は3〜4名のグループで相談し合いながら解いていただきますので、管理会計や財務分析の事前知識がなくても大丈夫です。またグループ内で説明・発表することはありますが、全体の前で発表することはありませんので、プレゼンテーションが苦手な方も安心してご参加ください。

=========================================
【ご受講にあたっての注意事項】
〇本講座には、ご自身のパソコンやタブレットを用いた、オンラインLIVEセミナーの
 視聴環境が必要です。
本セミナーでは視聴に際し、受講者のメールアドレスが必要です。
 受講者以外の方がお申込み手続きをされる場合には、お申込みページ内の
 『受講者E-mail』又は『ご連絡事項』に受講者のメールアドレスの記載をお願いします。

〇著作権保護の為、共有IDでのご利用や、画面を投影してのご利用など、
 受講者ご本人以外の視聴はお断りいたします。
=========================================

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。

【ログイン確認】

ID・パスワードご登録済の方は、
「ログインへ」にお進みください。
ご不明な方は「申込画面へ」にお進みください。
※SQUET会員IDとは別のご登録となります。詳しくはこちら

★受講者の声★

  • ・実際に決算書を見ながら、耳だけでなく頭で考え講義を受けることができ、
     とてもおもしろかった。
    ・講師の話し方、進め方がとてもわかりやすく、よかった。
    ・わかりやすい説明で難しそうに思っていたことも、意外とそうでもなく、
     難しく考える必要はないと思えた。
    ・普段、他社の経理・財務部門の方と話す機会がないので、グループワークが刺激になった。
    ・視点を変えることによって、自社でも損益分岐点やKPI等を活用できることを学びました。
    ・経営数字だけにとどまらず、コミュニケーション能力アップを意識したセミナーでした。
ジャンル 経理・財務・税務
対象者 経理部、経営企画部門の若手・中堅社員・マネージャー・部長の皆さま
簿記・会計の基礎は理解しているが、分析や応用ができないという方
(注)会計の中級者向けです。B/S・P/Lをはじめて見る方には難しい内容を含みます。
開催日時 2021年11月19日(金)10:00~17:00  
講師 望月 明彦
会場 オンラインLIVE形式(Zoom使用)にて開催 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員:27,500円
SQUET一般会員:30,800円
会員以外:36,300円
※テキスト代、消費税を含みます。

〇オンラインLIVE形式(Zoom使用)にて開催いたします。

〇お申込み受付後、オンラインセミナーへの接続方法等を記載したマニュアルを受講者様のEメールにお送りいたしますので機器の接続テストを実施してください。

〇テキスト(電子データ)は事前に受講者様ご自身でダウンロードいただきます。
※開催日の前日(土/日/祝日除く)午前中、受講者様のEメールにダウンロードURLをお知らせいたします。

◆◆受講キャンセルについて◆◆
キャンセルをご希望の場合は、Eメール(seminar-t@murc.jp)にてご連絡ください。
入金済みの受講料を全額ご返金いたします。ただし、テキスト受領後(開催の前営業日にメールにてご案内予定)のキャンセルは、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますので、ご了承ください。

●受講申込み後、「請求書」をお送りいたします。

※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。

講師プロフィール

望月公認会計士事務所 代表 公認会計士  望月明彦
早稲田大学政治経済学部卒業。(株)大和銀行(現(株)りそな銀行)を経て、監査法人トーマツに入所。法定監査業務に加えて、金融機関の自己査定導入指導を行う。その後、上場企業での戦略本部長、経営企画部長、アーンスト・アンド・ヤング(日本法人)でのフィナンシャル・アドバイザー業務を経て、2010年望月公認会計士事務所を設立。日本公認会計士協会東京会研修委員会副委員長(2010年~2014年)。慶應義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)。

カリキュラム

★本セミナーのゴール★
① 自社の部門別損益計算書を分析できそうだ!
② 今までより上手に予算交渉ができそうだ!
③ 取引先や競合他社の財務分析をしてみたくなった!
④ 自社のビジネスの特徴を財務的に説明できた!

第1部 管理会計編 解説→演習(グループ)
1)固変分解と損益分岐点の“意味” “計算方法”
2)固定費型ビジネスと変動費型ビジネスの違い
3)部門別損益計算書の“作り方” “見方”
≪演習≫ 売上と利益が同じ2社の損益分岐点が違う理由は?
    赤字の事業を撤退したら利益は増える?

第2部 予算管理編 解説→ロールプレイング
1)トップダウンとボトムアップ、どちらがいいのか?
2)予算策定時に決めるべき“KPI”とは
3)予算交渉のために知っておきたい交渉理論
≪演習≫ ロールプレイング~販促費の予算交渉

第3部 財務分析編 解説→演習(グループ)
1)無借金で利益が大きいことはいいことか?
2)ROEが低い原因はどこにあるのか?
3)安全性を理解する4つの基本指標
≪演習≫ 会社の課題は収益性か、安全性か?財務データから会社名を当ててみる

第4部 ビジネス編 個人ワーク→グループ内発表
1)ビジネスモデルと戦略の違いは?
2)経営環境を分析する
≪演習≫ 自社のビジネスを、財務知識を使って説明してみる

※電卓・筆記具をご準備ください。
※受講にはカメラとマイクの使用できるPC、もしくはタブレット端末が必要です。
 受講時にはカメラをONにしてご受講ください。
※録音・録画はご遠慮願います。
※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

===========================================
【オンラインLIVEセミナー視聴環境について】
●視聴には、以下の視聴推奨環境が必要です。
 【PC】Firefox 最新版、Chrome 最新版、Safari 最新版、Internet Explorer11 以上、
     Edge最新版
 【タブレット(スマートフォン)】Android 5.0以上 Chrome、iOS 10.0以上 Safari 
 ※ワークを行う講座ではPC、タブレットでの受講をお勧めいたします。
●データ通信容量については受講者ご自身で確保をお願いします。
●オンラインLIVE セミナー当日の受講環境は以下にご留意ください。
 【会場】貴社施設内(個室をお勧めします)、騒音が入らないご自宅の書斎やリビング等、
     周辺環境の静かな場所でご参加ください。カフェなどのオープンスペースは
     ご遠慮ください。
 【PC】以下のOS 要件を満たしたパソコンの使用を推奨します。
     Windows:Windows7 以上、Macintosh:Mac OS X 以上
  ※ACアダプターはコンセントに挿し、電源を確保してください。
  ※有線LANまたはWi-Fi接続を推奨します。
 【ネットワ-ク】通信速度30Mbps 以上を推奨
  ※公衆・フリーWi-Fi、テザリングの利用は、接続が不安定になるため推奨しません。
  ■通信速度を測定する方法■
   Googleの検索窓に「スピードテスト」と入れて検索すると、通信速度を測定することが
   できます。
===========================================

ページトップへ戻る