三菱UFJビジネスセミナー

期待される役割を学び、行動を変える!!はじめて部下を持つ人のための「リーダーシップ強化」【オンラインLIVE東京主催120】

セミナーのねらい

 管理するだけの上司には、部下はついてきません。このセミナーでは、はじめて部下を持つ管理職・リーダーの方を対象に、部下に働きかけ、仕事を任せることで、部下の力と組織力を向上させるリーダーシップの発揮法をご指導します。

◆お薦めのポイント◆
(1)管理職・リーダーとして、何を考えどう行動するべきなのか。できていること、
   いないことが1日で明白になります。
(2)置かれた環境と、人材を活かしながら、“やりくり”=マネジメントする具体的方法が
   身につきます。
(3)一方的に講師が講義する形式ではありません。実例を踏まえた演習や討議を通じて、
   自分自身の“強み・弱み”がその場で実感できる形式です。研修の翌日から、即実践
   可能です。

=========================================
【ご受講にあたっての注意事項】
〇本講座には、ご自身のパソコンやタブレットを用いた、オンラインLIVEセミナーの
 視聴環境が必要です。
本セミナーでは視聴に際し、受講者のメールアドレスが必要です。
 受講者以外の方がお申込み手続きをされる場合には、お申込みページ内の
 『受講者E-mail』又は『ご連絡事項』に受講者のメールアドレスの記載をお願いします。

〇著作権保護の為、共有IDでのご利用や、画面を投影してのご利用など、
 受講者ご本人以外の視聴はお断りいたします。
=========================================

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。

【ログイン確認】

ID・パスワードご登録済の方は、
「ログインへ」にお進みください。
ご不明な方は「申込画面へ」にお進みください。
※SQUET会員IDとは別のご登録となります。詳しくはこちら

★受講者の声★

  • ・今まで知らなかった“自分”を発見できました。
    ・改善行動目標を是非活用したいと思う。
    ・講師の親しみやすい人柄のおかげで惹きつけられ、素直に話を受け入れることができました。
    ・原因自分論の話がよかった。
    ・自分のタイプと相手のタイプがあり、それぞれに合った接し方があることを学びました。
     早速実践します。
    ・講師の実体験をまじえた話が興味深かった。
ジャンル 管理者・監督職
対象者 はじめて部下を持つ管理職(主任・係長クラス)・リーダーの皆さま
開催日時 2021年11月26日(金)10:00~17:00  
講師 望月 禎彦
会場 オンラインLIVE形式(Zoom使用)にて開催 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員:28,600円
SQUET一般会員:31,900円
会員以外:37,400円
※テキスト代、消費税を含みます。

〇オンラインLIVE形式(Zoom使用)にて開催いたします。

〇お申込み受付後、オンラインセミナーへの接続方法等を記載したマニュアルを受講者様のEメールにお送りいたしますので機器の接続テストを実施してください。

〇テキスト(電子データ)は事前に受講者様ご自身でダウンロードいただきます。
※開催日の前日(土/日/祝日除く)午前中、受講者様のEメールにダウンロードURLをお知らせいたします。

◆◆受講キャンセルについて◆◆
キャンセルをご希望の場合は、Eメール(seminar-t@murc.jp)にてご連絡ください。
入金済みの受講料を全額ご返金いたします。ただし、テキスト受領後(開催の前営業日にメールにてご案内予定)のキャンセルは、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますので、ご了承ください。

●受講申込み後、「請求書」をお送りいたします。

※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。

講師プロフィール

人事政策研究所 代表  望月禎彦
1960年生まれ。立教大学卒業後、ユニ・チャーム株式会社人事部を経て、92年人事政策研究所設立。人事政策面で1人立ちできることを目的にした企業の支援と、「行動」をベースにした独自の理論を駆使した人材の育成・成果につなげる組織づくりの指導を行っている。実際の支援先は29年間で350社を超える。そのノウハウを結実させたソフトウエア『コンピテンシーマスター』、人事評価ASPシステム『コンピリーダー』を開発し、ユーザー数は累計3000企業、導入先は上海・台湾にも及んでいる。公開セミナー・企業内での研修で、年間1,000名超の経営者・マネージャーに実践ノウハウを提供。2011年から、塾形式の『望月人事クラブ』を主宰し、全国各地に『出来る人を増やす』活動を推進している。
【著書】
『なぜあの会社の社員は「生産性」が高いのか?』(フォレスト出版)、『「部下ノート」がすべてを解決する』(アスコム)、『職場活性化/モチベーションアップツール全集』(PDF版:ビジネスパブリッシング)

カリキュラム

1.管理職に期待される役割-「やりくり」(マネジメント)名人になろう!
1)管理職(リーダー)の3大任務
 ① より高い業績成果を上げる
 ② 部下・後輩を指導育成する
 ③ より質の高い役割を目指し自分自身を高める
2)管理職(リーダー)の4大業務
3)あなたのレベルはどの段階か?
4)管理よりも「やりくり」(マネジメント)する姿勢が重要

2. できる管理職(リーダー)の業務の組み立て方・任せ方
1)自分自身の業務を「やりくり」(マネジメント)してみる
  演習 自分自身の業務を棚卸ししてみる
2)直近1ヶ月間に実行している業務をすべて書き出してみよう
3)緊急性と重要性で分類してみよう
 ① 火消しの仕事 → 緊急かつ重要な業務
 ② 投資の仕事 → 緊急ではないが重要な業務
 ③ つきあい仕事 → 緊急だがさほど重要ではない業務
 ④ ムダな仕事 → さほど緊急でも重要でもない業務
4)「できる管理職」(リーダー)の業務配分
5)組織を伸ばす業務の組み立てを考える
  →「止められないか」「減らせないか」の発想で見直す
6)明日からすぐに活用できる「業務簡素化シート」

3.組織を伸ばす「できる管理職」(リーダー)の行動指針
1)自分自身の行動を「やりくり」(マネジメント)してみる
  演習 自分自身の行動をふりかえってみる
2)管理職(リーダー)に求められる8つの行動指針
 ① 理念方針の共有      ② 経営への参画
 ③ 業務の革新、生産性の向上 ④ 教育・指導
 ⑤ 権限委譲         ⑥ 部下への配慮、モラルアップ
 ⑦ コミュニケーションの充実 ⑧ 指揮・命令・徹底
3)具体的な64の行動例をチェックしてみる
4)自分自身のできていること、できていないことを知る
5)自分や組織を伸ばす具体的な行動を考えてみる

4. 上司・部下との良い対人関係のつくり方
1)上司・部下との対人関係を「やりくり」(マネジメント)してみる
  演習 対人関係の対応力を見直してみよう
2)自分自身のアプローチタイプを知ろう
3)それぞれのタイプの強みと弱点を知ろう
4)どういう風に接するとさらに相手の力を引き出せるだろうか ロールプレイング
5)自分や組織を伸ばすアプローチ手法を考えてみよう

5.まとめ
1)「やりくり」(マネジメント)力を伸ばすには
2)管理職(リーダー)は「原因自分論」で行こう!
3)決意をカタチにしてみる
  明日から実行する具体的な20の「行動改善目標」を設定しよう
4)良い習慣を身につける方法論
  能力とは「習慣」に他ならない

※受講にはカメラとマイクの使用できるPC、もしくはタブレット端末が必要です。
 受講時にはカメラをONにしてご受講ください。
※録音・録画はご遠慮願います。
※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

===========================================
【オンラインLIVEセミナー視聴環境について】
●視聴には、以下の視聴推奨環境が必要です。
 【PC】Firefox 最新版、Chrome 最新版、Safari 最新版、Internet Explorer11 以上、
     Edge最新版
 【タブレット(スマートフォン)】Android 5.0以上 Chrome、iOS 10.0以上 Safari 
 ※ワークを行う講座ではPC、タブレットでの受講をお勧めいたします。
●データ通信容量については受講者ご自身で確保をお願いします。
●オンラインLIVE セミナー当日の受講環境は以下にご留意ください。
 【会場】貴社施設内(個室をお勧めします)、騒音が入らないご自宅の書斎やリビング等、
     周辺環境の静かな場所でご参加ください。カフェなどのオープンスペースは
     ご遠慮ください。
 【PC】以下のOS 要件を満たしたパソコンの使用を推奨します。
     Windows:Windows7 以上、Macintosh:Mac OS X 以上
  ※ACアダプターはコンセントに挿し、電源を確保してください。
  ※有線LANまたはWi-Fi接続を推奨します。
 【ネットワ-ク】通信速度30Mbps 以上を推奨
  ※公衆・フリーWi-Fi、テザリングの利用は、接続が不安定になるため推奨しません。
  ■通信速度を測定する方法■
   Googleの検索窓に「スピードテスト」と入れて検索すると、通信速度を測定することが
   できます。
===========================================

ページトップへ戻る