三菱UFJビジネスセミナー

★新企画★ オンライン面談での部下を伸ばす!コーチング&フィードバック【オンラインLIVE東京主催134】

  • 心理的安全性を確保し、能力を引き出す コーチング&フィードバックの手法を、
    ワークを交えマスター

セミナーのねらい

 新型コロナウイルス感染症等を契機にしたテレワークの普及によって、管理職は部下とのリアルでの接点が減り、オンライン面談などを通じてモチベーションマネジメントや評価事実の収集に努める必要性が出てきました。テレワークの環境下で、部下に対し、どうやって効果的なコーチングやフィードバックを行っていくかは悩ましい課題です。
 このセミナーでは、このような状況下での部下とのコミュニケーションの心構えや工夫の仕方と、個別教育及び人材開発を推進するうえでも、集合研修よりもある意味で教育効果の高い手法である「オンラインコーチング・フィードバック」のメリット・特徴・ケース別の対応方法について、ワークを交えて体験・習得頂きます。

=========================================
【ご受講にあたっての注意事項】
〇本講座には、ご自身のパソコンやタブレットを用いた、オンラインLIVEセミナーの
 視聴環境が必要です。
本セミナーでは視聴に際し、受講者のメールアドレスが必要です。
 受講者以外の方がお申込み手続きをされる場合には、お申込みページ内の
 『受講者E-mail』又は『ご連絡事項』に受講者のメールアドレスの記載をお願いします。

〇著作権保護の為、共有IDでのご利用や、画面を投影してのご利用など、
 受講者ご本人以外の視聴はお断りいたします。
=========================================

  • 2020年6月8日以降お申込み実施の方は、派遣責任者のログインIDで ログインの後、お申込みください。

【ログイン確認】

ID・パスワードご登録済の方は、
「ログインへ」にお進みください。
ご不明な方は「申込画面へ」にお進みください。
※SQUET会員IDとは別のご登録となります。詳しくはこちら

ジャンル 管理者・監督職
対象者 管理職(課長クラス以上)
開催日時 2021年8月19日(木)13:00~16:00  
講師 木村 謹治
会場 オンラインLIVE形式(Zoom使用)にて開催 会場マップご案内
受講料 【受講料】
SQUET特別会員:14,850円
SQUET一般会員:18,150円
会員以外:23,650円
※テキスト代、消費税を含みます。

〇オンラインLIVE形式(Zoom使用)にて開催いたします。

〇お申込み受付後、オンラインセミナーへの接続方法等を記載したマニュアルを受講者様のEメールにお送りいたしますので機器の接続テストを実施してください。

〇テキスト(電子データ)は事前に受講者様ご自身でダウンロードいただきます。

※開催日の前日(土/日/祝日除く)午前中、受講者様のEメールにダウンロードURLをお知らせいたします。

◆◆受講キャンセルについて◆◆
キャンセルをご希望の場合は、Eメール(seminar-t@murc.jp)にてご連絡ください。
入金済みの受講料を全額ご返金いたします。ただし、テキスト受領後(開催の前営業日にメールにてご案内予定)のキャンセルは、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますので、ご了承ください。

●受講申込み後、「請求書」をお送りいたします。
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。

講師プロフィール

当社 組織人事ビジネスユニット HR第1部兼HR第4部
プリンシパル  木村謹治
会計系コンサルティング会社で10年間、企業や病院などに向けた組織・人事コンサルティングに従事。100社以上のコンサルティング経験がある。2005年 株式会社UFJ総合研究所 入社。社会保険労務士有資格者、司法書士有資格者。
【主な著書・講演等】
『中小・中堅企業の人事制度はなぜ失敗するのか?』(日本法令)、『組織を活性化する人件費マネジメント』(中央経済社)、 『仕事がデキる!と言わせる15のルール』(中央経済社)、雑誌『日経ヘルスケア21』、日経ベンチャー経営相談室へのコラム掲載。講演に、「人事リストラクチャリングの実務」(日経ビジネススクール)他多数。

カリキュラム

1.心理的安全性を確保するためのコミュニケーションの工夫とは?
  1)心理的安全性とコミュニケーションの留意点
  2)アサーション(DESC法)の効果的な活用法
  3)モデルケースによるDESC法の個人演習(会話法の習得)

2.部下を伸ばすオンラインコーチング・フィードバックの特徴と留意点とは?
  1)オンライン面談の課題(ミスコミュニケーションの対処)と効果的な活用法
  2)評価のフィードバックの仕方
  3)ケーススタディ&ワークショップ
    ~課題のある部下の場合のオンライン育成面談の実践
  4)ケーススタディ&ワークショップ
    ~上司と部下で評価結果が異なる場合のオンラインフィードバック面談の実践

3.オンライン面談での
個別教育の効果的な活用方法とは?
  1)ティーチングとコーチングを効果的に組み合わせる
  2)オンラインコーチング 個別教育の実践事例のご紹介
  3)オンライン下での生産性評価の考え方

※プログラムは、一部変更させて頂く場合もございますので、予めご了承ください。
※録音・録画はご遠慮願います。

===========================================
【オンラインLIVEセミナー視聴環境について】
●視聴には、以下の視聴推奨環境が必要です。
 【PC】Firefox 最新版、Chrome 最新版、Safari 最新版、Internet Explorer11 以上、
     Edge最新版
 【タブレット(スマートフォン)】Android 5.0以上 Chrome、iOS 10.0以上 Safari 
 ※ワークを行う講座ではPC、タブレットでの受講をお勧めいたします。
●データ通信容量については受講者ご自身で確保をお願いします。
●オンラインLIVE セミナー当日の受講環境は以下にご留意ください。
 【会場】貴社施設内(個室をお勧めします)、騒音が入らないご自宅の書斎やリビング等、
     周辺環境の静かな場所でご参加ください。カフェなどのオープンスペースは
     ご遠慮ください。
 【PC】以下のOS 要件を満たしたパソコンの使用を推奨します。
     Windows:Windows7 以上、Macintosh:Mac OS X 以上
  ※ACアダプターはコンセントに挿し、電源を確保してください。
  ※有線LANまたはWi-Fi接続を推奨します。
 【ネットワ-ク】通信速度30Mbps 以上を推奨
  ※公衆・フリーWi-Fi、テザリングの利用は、接続が不安定になるため推奨しません。
  ■通信速度を測定する方法■
   Googleの検索窓に「スピードテスト」と入れて検索すると、通信速度を測定することが
   できます。
===========================================

ページトップへ戻る